sdeli

挿入=ピストン、と思っていませんか?確かに挿入してからする事といえば、ピストン運動と、おっぱいもみもみ、体位によってはキスも、そして言葉攻めくらいになるのですが、何もずっとピストンしていなければいけないわけではないのです。

がむしゃらにピストンを繰り返すと疲れますし、パートナーを楽しませる時間も減ります。

早漏気味の人はもう実践しているかもしれませんが、膣に挿入してからピストンし、射精感が強まった所で一旦動きを止めてみてください。ただストップしただけでは相手を楽しませられないので、随意筋を使って男性器をピクピクさせます。

それまでピストンしていて強い快感を与えられていたのに、急に中でピクピクするくらいじゃ女性は感じないのでは?と思いがちですが、そんなことありません。むしろ、女性器は刺激に敏感になっており、ピクピク動かすたびにきゅっと締め付けてくる事でしょう。

また、ピストンではなく腰自体をゆるくグラインドさせるという攻め方もあります。
実の所、あまり女性はピストンの速さや深さなどは気にしておらず、グラインドの密着感の方がよっぽど快感に繋がるともいいます。腰というよりも、身体全体を使い、膣の中にずぶずぶと男性器を鎮める感覚です。

ゆっくりと、深く挿入したら、今度はまたゆっくりと引き抜いていきます。亀頭が出るか出ないかの所でまた挿入、と繰り返すのです。騎乗位で女性に動いてもらう時の感じを思い出せば、気持ちよくさせる抽挿が出来るでしょう。

男性はピストン運動が刺激が強く快感を得やすいため、またAVなどでも激しくピストンしていたりするので、セックス=ピストンと思いがちですが、女性が求めているものを捉え攻める事で、ワンランク上のお互いに気持ちよくなれるエッチが出来るようになります。

Comments are closed.