前戯とは、前に戯れる(たわむれる)と書きます。その名の通り、挿入の前に女性を興奮させたり濡らしたりその気分にさせるための前準備という意味です。そこで一つ疑問なのが、そのセックスの準備段階である前戯の段階で、女性をイカせてもいいのかイカせないほうがいいのか?ということ。

カップルによってセックスの形は様々ですし好きにしていいところではあるのですが、どちらのほうが効果的には望ましいのでしょうか。まずそれぞれのメリットを挙げていってみましょう。

前戯で「イカせる」メリットとしては、前戯そのものの満足度が高くなる上挿入したとき感度が高まる、というところです。反対に前戯で「イカせない」メリットとしては、挿入時まで興奮が持続されることや中でイケる可能性が高いというところです。

もちろん前戯でイッても興奮が冷めるわけではないですし、挿入・ピストンでイケる女性もいますが、一度イッてしまうとイキにくくなる女性も多いです。相手がどのタイプなのか見極めて行う必要があります。

と言っても、絶対イカせたほうがいい!イカせたらダメ!と考えが凝り固まってしまうとエッチ自体が楽しめなくなるので、その時その時の状況に合わせて楽しいほうの流れを選ぶのが一番の正解です。

ただその中で二人でチャレンジできる余裕があって、今日は中で気持ちよくなってほしいからイカせたい、イカせたくないなど話し合ってみると新しい発見があるかもしれません。

Comments are closed.