キスは前戯でもありスキンシップでもあります。挨拶などでキスをする習慣がない日本人は、キスといえば唇と思い込んでいて、キス=セックスに繋がりやすくディープなものに偏りがちです。

しかしキスというのは唇で相手の体に触れること全般を指します。女性の本音としては、もう少しセックスと離れたキスがしたいと思っています。舌ベロベロ、おっぱいモミモミのセットは正直言ってあまり好かれません。

セックスは前戯と挿入とがありますが、キスは前戯として使うものと前戯の更に前のスキンシップとして使うものに分けて考えたほうが良いでしょう。前戯としてのキスは軽く触れ合ったり、付けたり離したりを繰り返したり、気分が高まれば口を付けたまま口内をまさぐるディープキスに移行したりします。

しかし一方で前戯よりさらに前のキスでは、頬や首筋、背中、太ももなどへの唇以外のキスのほうが喜ばれます。キスをスキンシップにして、くすぐったいとかそこ気持ちいいとか笑い合う。一見遠回りに見えるかもしれませんが、それが女性にとってのセックスの準備なんです。

女性はセックスで過程をとても大事にしますが、男性はスキンシップを飛ばしいきなり前戯スタートをする人が多いです。だから気分が乗っていないからと断られることが増える。

断られること、マンネリ化を避ける意味でも、キスはもっとセックスから切り離してどんどん行っていくべきだと思います。

Comments are closed.