女性のオッパイが好きな男性は多いと思います。男性にはない膨らみに夢とロマンが詰まっている・・・癒しを求めてオッパイを触りたくなる気持ちは分かります。

しかし、女性の胸自体が性感帯というのは、個人差があります。乳房自体はただの皮膚だからです。また、揉まれると痛がる女性もいます。

また、乳首は性感帯ですが、くれぐれも乱暴に扱わないでください。乳首ってデリケートなのです。とくにカサカサに乾燥してる場合は、触られると痛がる可能性もありますし、乳首自体を触られることを嫌がる女性もいます。

指でさわるよりも、優しく舌でゆっくりじっくり愛撫してあげる方がいいかもしれません。

女性によっては、乳首自体触られるのがNG!という人もいます。男性には気づかない視点かもしれないですが、乳首を触られるのが苦手な女性も結構いるってことを知っておいてください。

なので乳首を愛撫した時に少し嫌がるそぶりをしたら、感じてると思いきや「本気で嫌がっている可能性」もあることを、是非頭にとどめておいて欲しいのです。

そして、これは悲しいお知らせですが、乳首がまったく感じない女性もいます。それはその時の体調によって変わるとか、気分によって変わるなどもあるのです。

何度も言うようですが、乳首はデリケートな部分です。愛撫する時は女性が本当に嫌がっているのか、感じているのか、アンテナを張って見るようにしたほうが良いでしょう。

優しくじっくり、デリケートに扱う、これが大事だと思います。

それを踏まえて、乳首イキというものがあるのはご存じでしょうか?
乳首はデリケート・・・つまり開発次第によっては、オーガズムを達成させることは可能な部位なのです。

しかし先ほども言った通り、最初から触られても、快感を得られる女性ばかりではないのです。

乳首でオーガズムなんてAVの見過ぎでは?と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。可能性を秘めている部位なのです。

<愛撫する時のテクニック>

①まずは乳首を避け、乳房を優しく時間をかけて
いきなり乳首を触るのは少し待って下さい。AVなどでは激しく触って感じる場面がありますが、彼女たちはそう開発されている場合もありますし、プロだからできるという事もあります。

はじめは胸を優しく揉み、気分を高めていきましょう。最初からダイレクトに触ると痛がる場合もあるので、服の上からでも良いです。とにかく焦らずに触っていきましょう。

②徐々に乳輪へ触れていく
胸を揉んでもし痛がっていたら、そこでやめるのが無難かもしれません。しかし揉まれるのが苦手なだけで、乳首は感じるという事はおおいにある話なので、諦めないで下さい。

胸回りを優しく愛撫したら、次は乳輪へ少しずつ近づいて愛撫をしていきましょう。彼女はそういったところに「大切にされている」と感じて、気分が盛り上がることもあります。

もし乾燥していて痛そうでしたら、舌を使っても良いです。

③最後に乳頭を愛撫していく
乳輪に触れ、感じているようだったら乳頭や乳首全体を、フェザータッチで愛撫していきましょう。しかし敏感すぎる女性もいますし、感じにくい女性もいますので、彼女の様子を伺いながら力を調節すると良いでしょう。

④他の性感帯と一緒に乳首を愛撫していく
乳首だけを愛撫して、乳首イキをするのは最初は難しいでしょう。他の性感帯と同時に刺激することで、乳首イキへ一歩近づきます。

⑤地道な開発を繰り返していく
乳首イキには地道な開発が必要です。時にはローションや他のラブコスメなども使って開発していくのも良いかもしれません。乳首を愛撫しながらイクという体験が、乳首イキへの一歩を踏み出すことになるのです。

しかし、相手が嫌がるようでしたら、その日は無理をせずにやめておきましょう。
乳首イキへの到達は二人の努力あってこそなので、じっくりと焦らずに試していってみてください。

Comments are closed.