たまには女性から積極的にくっついて、攻めてきてほしい。男なら一度はこう思ったことがあるのではないでしょうか。

だけど女性は、自分から積極的にいくことに対して恥ずかしさを感じます。その原因は、女性からいく=ガツガツしているというイメージや、男性に引かれてしまうのではという心配からきています。

しかしエッチなスキンシップの中でも、キスは比較的ハードルが低いプレイです。女性も、キスくらいなら自分からでもできる、と思っている人が多いです。それでも女性からなかなかキスがもらえなかったり、男からのキスに応えてもらえなかったりする場合、キスをしたくない、もしくはキスをしづらい環境になってしまっているかもしれません。

その原因は必ずしも悪いことばかりではありません。例えば女性からいく暇もなく常に男性からキスを求めている場合などです。彼女が好きすぎてだとか可愛くてついついだとか、それ自体は微笑ましいことですが、そうなると女性はわざわざ自分からいこうとは思わないかもしれません。

女性は寂しがり屋な人が多いですから、たまに自分の趣味に没頭するフリをして構わない時間を作れば、おのずと女性は近づいて気を引こうとハグやキスをしようとするはずです。

しかし、反対に男性が普段からあまりキスをしない人であっても女性はキスをしづらいです。男性がやっていないのに自分からいくのはハードルが高い・・・そう思ってしまいます。

要は、男がキスをどれくらい大事にしているかで決まります。
大事にし過ぎていれば自分からいく必要はなくなるし、疎かにし過ぎていればやめようと引いてしまう。なのでキスに対して「普通」の感覚を持っている男が一番ということ。

たかがキスされどキスで、キスは軽いスキンシップでもあるし、エッチへのスタートボタンでもある。気軽なものになり過ぎてもいけないし、ハードルが高い行為になり過ぎてもいけないのです。